授乳中も葉酸は取った方がいいの?

うちの子は乳離れがとっても遅くて悩みました。ほぼ3歳になるまで、オッパイにしゃぶりついてくるんですから、わが子ながらちょっと呆れるくらいでしたよ(笑)

まあそれは冗談なんですが、ちょっと気になったのが妊娠中から飲んでいた葉酸のサプリメントをいつ止めてよいのか?が分からなかったんですよね。

葉酸は妊娠中の胎児が神経障害を持たないように飲むことが推奨されていますが、出産後も授乳中は飲んだ方がイイらしいんです。

なので卒乳したらやめるつもりが、全然うちの子が卒入しないので、すっかり私も葉酸を止めるタイミングを逃してしまったんです^^;

結局卒乳まできっちり続けていましたが、今思うともう少し早く葉酸を飲むのをやめても良かったかなーとも思います。

結局食事を摂れるようになった時点で、栄養のほとんどは食事から摂るはずですから、私のオッパイなんて

甘ったれちゃんの心を埋める役目はしても、健康には繋がっていなかった気がするんです。

まあ真相は闇の中ですけどね(笑)

魔の「いやいや期」はあきらめが肝心

いやいや期

2歳前後になると、ことばを話すようになってかわいい~~!!
だけど、イヤイヤ期にも入ります。なんでもイヤ!イヤ! 
とにかく自分のやりたいようにやる。やりたいことだけやる。

まぁ、大変です。
一食たべようものなら、机の上から下から食べかすだらけで、
さんざんな状態になりますから(笑)。

嫌!いや!ばっかりで言うことを聞かない挙句、
叱ればすぐ暴れたり泣いたり・・・。
こちらももう体力勝負です。

半分はあきらめるのが一番。仕方がない。
私もあなたも、だれでも2歳の時はいやいや気があったんですから。

自分もかつて通ってきた道。父や母がしてくれたように、今度は
私が我が子のいやいや気を耐える番になっただけです(笑)

一人目の子育てのときよりは、2人目になると自分にも余裕が出てきて、
手の抜き所が分かってきてだいぶん楽になりました^^

抱っこひもをお探しならエルゴが超おすすめ!

最近はベビーカーもマクラーレンを始め、海外製のものがかなり人気です。
抱っこひももエルゴという海外ブランドのものがすごい人気です。

最近は抱っこ紐を使っているママの8割くらいエルゴなんじゃない!?
っていう勢い。ホントすごいです。

私が抱っこひもを購入する頃にはまだエルゴの存在も知らなかったのですが、
友人に借りて使ってみたら、本当に楽!!
赤ちゃんの重みが半分くらいに感じちゃうんです。

あまりに楽だったので、山登りに行くときに借りていって、
2歳の子が寝てしまった時にエルゴで抱っこして登りました(笑)。

2歳だし、山だしかなりキツかったけど、エルゴじゃなきゃムリだったと思います。
見た目もかなりたくさんのデザインが出ていてオシャレ♪
これから抱っこ紐を買うなら、エルゴはおすすめです。

いちおう、下にエルゴの広告貼っておきます。
抱っこひもを購入予定なら一度はチェックしてみて!

完全母乳?ミルク?混合?どれがいいんだろう?

私はほぼ完全母乳で2人の子を育てました。
母乳が楽か、ミルクが楽か?と聞かれれば「母乳」だと思います。

母乳は常に最適な温度と最適な濃度!
夜中に泣いても添い寝しながら、くわえさせれば
自分もウトウトしたまま授乳できますから。

ミルクだと、お湯を準備して粉ミルクの量を間違えないように入れて、冷まして・・・。
足りなかったらまた作って。
こんな事を夜中に何回もするなんて・・・大変すぎる。

とはいえ、どうしても母乳がどうしても出ない方もいます。
母乳でも誰かに赤ちゃんを預けて外出しなければならない事も出てきます。

そんな時はやっぱり粉ミルク。
おっぱいだけでなく、哺乳瓶からでも飲んでくれる子だと楽ですよね。

ミルクをつくる時にあると便利なのがウォーターサーバーです。
赤ちゃんに飲ませるのだから水道水はなるべく避けたいですよね?

最近は水の種類もいろいろ選べるし、ミルクを作る用にお湯の温度を
低めに設定出来るものもあるんですよ。
ウオーターサーバーがあれば、ミルクで育てるのが大分楽になりそうですね。

ただ気になるのは、お金がいくらかかるのか?ということ。
ウォーターサーバーって使ったことの無い人には、毎月どのくらい
お金がかかるか?が分かりにくいかも。

実は私も最近ウォーターサーバーを使い始めました。
一番安いウォーターサーバー.comというサイトで、人気のある
商品を細かく比較しているので、選ぶ参考になりました。
一番安いウォーターサーバー.com

問題は母乳ばかり上げているとミルクの味に慣れないからか?あまり
ミルクを飲まなくなることがあるみたいです。
なのでたまにはあえてミルクを上げるなど、ミルクにも慣れさせた方が
いいのかも?

私の経験から考えると、基本母乳で粉ミルクでも飲んでくれる!
というのが一番楽なんじゃないかと思いますね^^

母乳を飲む赤ちゃんってかわいいけど、ママは本当に大変!

母乳を飲む赤ちゃん

赤ちゃんが母乳を飲んでいる姿って、見ているだけで幸せ~♪って
思ってました。産むまでは。。
ところが、出産するとその翌日から母乳育児が始まるのですが、・・・大変!

生まれたての赤ちゃんはかなり頻繁に母乳を求めるんです。寝る暇もない。。。
出産後って、自分の体もかなり疲れているからゆっくり休みたいのに休めない。

そして、やっぱり初乳は赤ちゃんが病気にならないためにもしっかりと
飲ませなきゃならないから、なるべくミルクよりは母乳を飲ませたい。
◆関連ページ:完全母乳と母乳・ミルクの混合はどっちがいいの?

1日に何度も何度もおっぱいタイム。
しかもはじめのうちはそんなに母乳がうまく出ないし慣れないから、
肩がこったりすごい疲れる。でも誰にも代わってもらえない。

おっぱい以外にも、おしっこやウンチをすれば泣く。抱っこしてほしくて泣く。
何もなくても泣く。赤ちゃんもママも大忙しです。

そして、自分の食べたものと母乳は直結しているから食事もすごく大事。
一度、糖分・油分たっぷりのドーナッツを2つ食べたら一気におっぱいが詰まり、
乳腺炎になって大変な目に! 食べ物も自由気ままには食べられないんですよね。

でも!それでも!!赤ちゃんが美味しそう~に自分のおっぱいに吸い付き、
満足げにそのまま眠っていく姿はこの上なく愛おしい。

この愛おしさですべての苦労が吹き飛ぶ気がします^^

出産の痛みに耐えられる理由

出産するときの痛み。
これ男性が体験したら意識を失う、とかいわれてますよね?

ホントそうなんじゃないかと思います。
あの痛みはハンパない。
あまりの痛みに目をぎゅーっとつむっていたら目元がけいれんしてくるし・・・。

近くにいてくれた看護師さんの手を握りつぶしてしまうんじゃないかと思うくらい、
手にも力が入って、翌日はかなりの筋肉痛でした(笑)

ホント人生最大の難関!と思ってしまいましたね。
これ、かわいい赤ちゃんに会うための試練だから耐えられるものの、
病気とかケガなら絶対耐えられな~い!!と痛感しました。

逆に言えば、出産があれだけの痛みを伴うのは、生まれてきた
赤ちゃんに痛みの分だけ愛情を持てるように神様に設計されているのかな?
なんてことも思ったりして。。

1人目の出産で陣痛と戦っている時には、
「こんなに痛いなら子供は一人でいい!」と思ったのに、不思議。
やっぱり兄弟は欲しい。2人目もごく自然に欲しくなりました^^

あの陣痛にまた耐えなきゃならないのに。ホント不思議(笑)。

出産にまつわる費用について

出産にかかるお金は、選ぶ病院によってもかなり違ってきますが、
なんだかんだけっこうかかるもの。
特に個人病院は価格差も大きいですよね。

なるべくお金がかからないように・・・と病院を選んでも
なんだかんだ何十万というお金がかかります。

基本的に保険が利かないから、妊婦検診っていちいち高額なんですし・・
お金がないから妊婦検診をすっとばしてしまう若者も増えているとか!?

でも、ちゃんと血液検査とかしていない妊婦さんは思わぬ病気に
感染しているリスクもあって、病院としても受け入れたくないんだとか。

最近は自治体が妊婦検診の補助をかなりしてくれるようになりましたが、
その補助がきかない検査を勧められると、ついお願いしたくなって
結局1回の検査で万札が消えていくこともありました。

赤ちゃんが欲しい!と思ったらそれなりの蓄えもやっぱり必要ですね。

おうちスタイル
妊娠、出産にまつわる費用について詳しく解説してくれているのが
WomanExciteのおうちスタイル。これから出産を控えている方は
復習も兼ねて一度記事に目を通しておくと良いですよ^^

妊婦時代に大変だったこと(2)

妊婦さんのお腹

実際に産んでなかなか想像できないんだけど、お腹が大きいのってホント大変。
まずうつぶせに寝ることが出来ない!
もともとうつぶせ寝が好きな場合、かなり苦痛です。

で、仰向けに寝ていると・・・今度は尾てい骨が痛い!!
なんだか尾てい骨が飛び出してくるのかな?よく分からないけど、
布団に寝ているのに、板間に直接寝ているかのように骨があたって痛いんです。
これは出産するまでなおりませんでした。

他には、足元が見えにくい!
臨月ちかくにもなってくると、驚くほど足元が見えなくなってきます。

けっこう危険だし足の爪も非常~に切りにくい。靴下も履きにくい。
「よいしょ」と口に出る回数の増えること増えること。
一旦寝転ぶと起き上がるのも「よっこいしょ」です。

とにかく全ての動作がいちいち大変。
男性を含め、多くの人が妊婦さんみたいにお腹に何キロものおもりをつけて
日常の動作を体験してみる機会があれば、世の中もちょっと変わるんじゃないかな・・・^^

妊婦時代に大変だったこと(1)

結婚して、自然に赤ちゃんが欲しいと思うようになり、
そして順調に授かったものの、妊婦さんって結構大変だったのね・・・。

まず「つわり」がキツイ。

見た目はまだまだ全然妊婦っぽくないのに、妊娠した途端に
「なんで~!!??」ってくらい色んな症状が出てきてしんどかった(;;)

ごはんもまともに食べられないし、貧血になるし、だるいし、常に眠いし・・・。
妊婦さんって幸せそう~♪なんて単純に考えていた私がおバカでした。

まだ産んでもいないのに、一気に
「世のお母様方はすごい。こんな思いに耐えていたのか・・・」

と思うようになりましたね(笑)
ちなみにつわりがあるのは人間だけみたいです。
犬とか猫とか動物にはないらしい。そこはちょっと羨ましいですよね?

不思議だったのが、妊娠してからは大好きだったコーヒーをちっとも
飲みたいと思わなくなったこと。自然にカフェインを体が避けていたのかな?

人間の体って不思議~!!

妊娠初期はつわりだけでなく、無理をすると流産の危険も高いから、
なるべく大事にしなきゃ!ですね。

見た目では妊婦さんかどうか判断がつきにくいから、妊婦さんマークの
バッジみたいなやつ(?)がどんどん普及していくといいですよね。
東京ではかなり普及してきたけれど、関西の方ではまだまだみたいです。